ブログ

Twitterについにあの機能が、、、クソリプ防止機能発令【アンチコメントに悩んでいる人へ】

【2020.8.12】

どうも〜!やのち(@yanochi24)です。

なんと!Twitterにリプライを防止する機能がついたみたいなので、今回はその機能についてお話ししていこうと思います。

  • Twitter運用をしている人
  • Twitterを趣味にしている人



へ向けて

「アンチコメントがきてどうしようか悩んでいる」

「嫌なリプライが来るんだよな〜」

そんな悩みを解決してくれるTwitterの新しい機能を紹介したいと思います。

この記事を読むと、アンチ対策ができるTwitterの新しい機能、自分を傷つけないための予防線をはることができると思います。

それでは早速、Twitterのリプライが制限できる機能について紹介していこうと思います。

リプライ制限機能とは



リプライ制限機能は、ツイートにリプライできる相手を制限できる機能です。

今まであってもおかしくないものがついに追加されましたね!

早速その設定方法を紹介していこうと思います。

設定方法

設定方法はめちゃくちゃ簡単です。 以下の①②の手順です。 ①すべてのアカウントが返信できますをタップ リプライ制限機能 ②そこから「全員」「フォローしているアカウント」「@ツイートしたアカウントのみ」の3択から選択 リプライ制限機能 簡単ですね!



これを設定すると、選択した人以外の人からはリプライがこなくなります。 リプライ制限機能


どんなことができるのか



今まですべての人がリプライできていたのが、このリプライ制限機能を使うことにより「全員」「フォローしているアカウントのみ」「@ツイートしたアカウントのみ」の3択からリプライできる人を設定できるようになりました。

リプライできないアカウントに設定された場合は返信ができない状態になります。

また、3択から設定できるので用途に合わせて使い分けるといいかもしれませんね。


私が考えるメリット・デメリット



このリプライ制限機能について私なりのメリット・デメリットを考えてみました。

メリット

  • アンチコメントがきずらくなる
  • 悪意のあるリプライから守られているように感じる

アンチコメントも見る機会を減らすことができ、悪意のあるリプライからも守られているように感じ、自分を守る予防線になるので、いいですよね。

デメリット

  • 繋がりが減る可能性がある
  • リプライしたい相手が制限をかけているとリプライできなくてしょぼんとなる(引用リツイートはできるらしい)



リプライ制限機能を設定することで、繋がりが減っちゃうのかなと思いました。 また、リプライしたい相手が制限をかけていると、リプライを送って仲良くなりたいなと思った人でも送れなくなっちゃうのでなんか悲しいですよね。


伝えたいこと



正直私は、アンチコメントなどはもらったことはありません。

まだアンチコメントをもらうまでの影響力もありません。

でも本当に、使い方を間違えると言葉だって凶器になるんだなと思っています。

最近芸能人が誹謗中傷などを受けて、悲しいことになったりなどもありました。

SNSきっかけでこういうことが起こるのは本当に悲しいです。

本当はいい場所なのに、使い方を間違えるだけで1人の人を追い込んでしまうこともあります。

このリプライ制限機能がついたからといって、アンチコメントが減るとは限らないですが、こう言うことは本当になくなってほしなと思っています。

包丁だってそうです、包丁を使って美味しい料理を作ることだってできる本当の使い方はそうです。

だけど、包丁を使って人を殺すことだってできます。

使い方を間違えると凶器になります。

言葉も、相手に勇気を与えたり元気付けることだってできるし、たった一言で死に追いやることだってできます。

本当に使い方って大事になりますよね、、、。





もしアンチコメントなどで悩んでいる人がいたら、リプライ制限機能を使ってみてください。





いじょう、Twitterのリプライ制限機能についてでした。





現場からはいじょうです。





それでは





おわり





ABOUT ME
やのち
【コツコツ積み上げみかん】 ブログ収益4桁達成。体調を崩し無職になるもブログと出会い復活。 2020.5.6ブログ開設。好きなことだけして生きていきたい。 目標はブログで月50万稼ぐこと/フリーランスとして働く/万垢達成すること。ダイエット検定勉強中!ブログとTwitterが大好きです。 ※私は食べられません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA