ガジェット

アットコスメ1位の除毛クリームTBC EPI REMOVERが届いたので早速使ってみました!使用感すごいよかったです!

【2020.6.24】

どうも!!TBCの除毛クリーム、エピリムーバーを使ってツルツルになってます!

先日、ネットで注文していたエピリムーバーが、ついに!!!届いたのでワクワクしながら早速使ってみました!
使って今はツルツルになってます!使用感いい感じでした!

しかも、この「エピリムーバー」アットコスメっていうコスメ・美容の総合情報サイトの
脱毛・除毛部門で1位になってるみたいです!!

パッケージもかっこいいんですよね!!

今回は、除毛クリームについて紹介していこうと思います!

●エピリムーバーを使用してみて
●エピリムーバーとVeetの比較
●除毛クリームはどうして毛が抜けるのか
●除毛クリームを選ぶときのポイント 
●植物エキスについて

Veetっていう除毛クリームも使用したので、エピリムーバーとVeetの比較もしていこうと思います!!



使用してみてどんな感じだったか

●スパチュラ(付属のへらみたいなやつ)が使いやすい!
●除毛し終わったあと、全然かゆくならなかった

付属でついているスパチュラっていう、へらみたいのがついているんですけど、それが使いやすかったです!
肌にクリームをのせて、そのスパチュラでスーって伸ばしていく感じなので簡単にまんべんなく伸ばせました!
除毛し終わった後も、全然かゆくならず赤くもならなかったです。ちゃんと毛も除毛できていて肌もツルツルになってます。
スパチュラでクリームを落とすのが、ちょっと楽しくて、窓を掃除するときに水切りってシュッてやるじゃないですか?
あんな感じで、クリームを落としていくので、ちょっと楽しかったです!
匂いもそこまできつくなく、お風呂場を閉めきってやっても大丈夫でした。


使い方

これまたちょー簡単でした!

①除毛する部分に適量を一直線にのせる
 (毛が覆われるくらいの厚さで、1〜3ミリくらいぬる)

②スパチュラ(へらみたいなやつ)でクリームを伸ばしていく

③5分〜10分くらい放置

④スパチュラでクリームを落として、洗い流す

みたいな感じです!!


除毛クリームはどうして毛が抜けるのか

チオグリコール酸カルシウムで、無駄毛のタンパク質を溶かし除毛!

除毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムという成分が含まれており、その成分が無駄毛のタンパク質を溶かし除毛してくれます!

また、除毛クリームを塗って、肌がヒリヒリしたり、赤くなったりすることがあると思いますが、
そのチオグリコール酸カルシウムの副作用により、ヒリヒリしたりかゆくなったりして肌にダメージを与えています。
皮膚が弱い人や、敏感肌な人は刺激が強く肌荒れを起す可能性もあります。

除毛クリームを選ぶときのポイント

除毛クリームを選ぶときは、保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶ!

成分に何が使われているかを確認すること!
チオグリコール酸カルシウムで肌に刺激が与えられているので、除毛しながら、肌に潤いを与えケアできるものを選ぼう
そのためには、配合されている成分を見て、どういう効き目があるのかを確認知ることが大切だと思います。

どんな成分が良いのか●ダイズエキス
美肌成分が除毛による肌のダメージから守ってくれる。
美肌と抑毛に働きかける

●植物性保湿成分(植物性エキス)
植物性保湿成分がたくさん含まれているものを選ぶと肌をたっぷり潤すことができる


EPI REMOVERとVeetの比較

やっぱり、私はエピリムーバーの方がよかったです!

~使い方~
エピリムーバー・Veetどっちも簡単にできる!

~付属品~
Veetは付属でスポンジがついていて、クリームを落とすときにそのスポンジでゴシゴシするのがちょっと痛かった。
(自分の力加減の問題かな??)
エピリムーバー はスパチュラ(へら)が付属でついていて、スーって気持ち良くクリームを洗い流せた。

~除毛後~
Veetはちょっとかゆくなってあかみも出たけど、リピリムーバーは全然かゆくならず赤みも出なかった!

~におい~
Veetの方がちょっときついにおいだったけど、どっちも我慢できるくらいのにおい!

~買いやすさ~
Veetは、ドラックストアとかですぐ手に入るけど、エピリムーバーはネットで注文しないといけなくて
試すまでにちょっと時間があく。
(普通に、ドラックストアに売ってるところもあるのかな?)

~成分の違い~
エピリムーバーの方が、植物性保湿成分がたくさん入っていた!

~パッケージ~
エピリムーバーのパッケージが、めっちゃおしゃれでかっこいい!

~値段~
エピリムーバーは3,278円でちょっとお高いけど、Veetは753円で安い!


成分の違い

Veetの成分チオグリコール酸カルシウム,尿素,セテアリルアルコール,水酸化K,PEOセトステアリルエテール,水酸化Ca,VP・ヘキサデセン共重合体,POPステアリルエテール,流動バラフィン,ケイ酸Mg,酸化Ti,PG,合成ケイ酸Na・Mg,アクリル酸アルキル共重合体エマルション,アロエエキス,グルコン酸Na,酢酸トコフェロール,香料
EPI REMOVERの成分チオグリコール酸カルシウム,ローマカミツレエキス,アマチャエエキス,レンゲソウエキス,アマチャヅルエキス,ダイズエキス,ヒオウギ抽出液,キイチゴエキス,コズセラミド,コラーゲン,トリペプチドF,ヒアルロン酸ナトリウム,加水分解シルク末,ブチリングリコール,セトステアリルアコール,流動バラフィン,ポリオキシエチレンセチルエーテル,パラフィン,プロピレングリコール,グルコン酸ナトリウム,エタノール,無水エタノール,水酸化ナトリウム,香料,精製水

Veetの植物エキスがアロエエキス1つなのに対して、エピリムーバーのはじめの7つが植物エキスでした!

植物エキスについて

植物エキスは、いろいろな有効成分を含んでおり、水やエタノール、BGなどの溶媒(物質を溶かす液体)で抽出され得られている。
同じ植物でも、部位の違いによって含有成分の種類や量が異なり、作用・効果の種類や強さも変わってくる。

化粧品などに配合されている植物エキスの多くは、皮膚コンディション作用を主体としている。

植物エキスの代表的な作用・効果保湿性、バリア機能改善、抗炎症、抗アレルギー、抗酸化、血行促進、紫外線防止、美白
などがあるらしい、、、

植物エキスのアレルギー

植物エキスは未精製の場合はよくも悪くも100%天然成分であり、アレルギーの原因物質も含んでいる。
一般的に化粧品に配合されている植物エキスはアレルギーの原因物質とされるものは除去されている。

アレルギー体質の場合、アレルギー原因物質意外での、複数の植物エキスを配合された混在成分でかぶれなどの接触皮膚炎を起す可能性もある。



EPI REMOVER男性用もあるよ!!

男性の肌、毛に着目して作れらているそうです!!




まとめ



●チオグリコール酸カルシウムで、無駄毛のタンパク質を溶かし除毛
●除毛クリームは保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶ
●植物性エキスがいいらしい
●購入するときは、どんな成分が入っているか確認







こんな感じでした!
いろんなものを参考にしてみてくださいね〜!




それでは!




おわり



ABOUT ME
やのち
【コツコツ積み上げみかん】 ブログ収益4桁達成。体調を崩し無職になるもブログと出会い復活。 2020.5.6ブログ開設。好きなことだけして生きていきたい。 目標はブログで月50万稼ぐこと/フリーランスとして働く/万垢達成すること。ダイエット検定勉強中!ブログとTwitterが大好きです。 ※私は食べられません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA